サイド・バイ・サイド・インターナショナル 佐々木明子さんからお話を伺いました

サイド・バイ・サイド・インターナショナル 佐々木明子さんからお話を伺いました。

カンボジアで医療ボランティア活動をされている方で、カンボジアの現状について沢山教えていただきました。

カンボジアでもコロナ感染者が増加していること、物資を送るだけの支援は間違っていること、カンボジアの病院の状況などなど、インターネットで何回検索しても出てこなかった情報をたくさん得ることができました。目から鱗なお話ばかりでした。

お話を通して、
現地で継続してできること
現地の人の自己評価を上げられること
学生だからできること
という観点を忘れずに活動していきたいと思いました。

医学生が多く所属しているという強みを活かしつつ、教育学部や創造工学部の視点も踏まえた、コロナ禍でもカンボジアも香川もハッピーになれるアイデアとは…まだまだ模索していかねばなりません。

先週ミーティングで出し合ったたくさんの案を
「私たちがやりたい支援」
ではなく、
「必要だからやろう」
「必要だけど今じゃないね」
「十分だからやらなくていいね」
と分けて考えることができました。

U-dawnにとって、とても大きな進歩です。
貴重な情報本当にありがとうございました!これからもよろしくお願いいたします。

いよいよプロジェクトが始動します!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。